テクノロジー

Magicの統一された一連のテクノロジーはアプリケーションとビジネスインテグレーションプラットフォームから構成されます。私たちのビジネス中心型のテクノロジーは、メタデータパラダイムと宣言型のロジックパターンに基づいているため、他の追随を許さない生産性と簡易さを提供します。

ビジネス中心型のアプリケーション

Magicのよりスマートなテクノロジーは企業のIT資産を変化させ、それらを新しいビジネスのシナリオに適応させ、複数のユーザー体験とデバイス上にもたらします。その主要な焦点は、ビジネス上の要件とそれに合わせるために必要なテクノロジーとのギャップを埋めることにあります。

Magicを使用する開発者は、アプリケーションのビジネス上の利点に集中することができ、どのようにそれらを達成するかという専門的な事柄に煩わされなくなります。

複雑さの解消

企業のアプリケーション開発とビジネス連携プロジェクトは、非常に多くの技術的、アーキテクチャ上の複雑さを伴うことがあります。企業は挑戦的な内容に直面するものですが、それはデスクトップとモバイルプラットフォームを含めて様々なユーザー経験のチャンネルをサポートするだけではなく、ビジネスニーズに応え、複雑なビジネスロジックからバックエンドの接続性、堅牢性とスケーラビリティに至る様々な問題に対応することです。

開発者は、ビジネスアプリケーションのための豊富な機能を持ったプラットフォームを基に、ビルトイン機能を再利用することによってそのような複雑さを解消できます。ビジネス中心型のアプリケーションには、多くの繰り返しの多い共通のタスクがあります。Magicのプラットフォームは開発者に総合的で十分テストされた能力を提供し、実装の際の複雑さを削減して生産性を向上させます。

Magicのプラットフォームは、複数のサーバーおよびクライアントOS上でネイティブに動作するアプリケーションエンジンを実装しており、あらゆるビジネスニーズに応える多数の機能とモジュールがあります。開発者は、アプリケーションを開発してデプロイするために、ビジネスアプリケーションの正確な仕様に合うよう様々な所定の機能を組み合わせたり、再利用したりするだけで良いのです。

宣言型のロジック

Magicのテクノロジーである宣言型のロジック機能は、複雑なユーザーインタフェースや動的なデータ操作の実装とメンテナンスを容易にします。宣言型のロジックパターンにより、開発者はどのようにテクノロジーがそれを実現するかというよりも、何を達成したいかを定義できるようになります。

開発者は、複数のデータ要素とプロパティ間の依存性を含む複雑なルールにプロパティを結びつけます。アプリケーションエンジンは、依存性の階層構造を維持し、ルールが適用されるとスプレッドシートに対しても同じ方法で自動的にこれらのプロパティを再計算します。

宣言型のロジックは視覚的なプロパティに適用されてアプリケーションのルックアンドフィールを変更し、データ要素に適用されて自動的なデータ取得と操作を可能にします。

宣言型のロジックは、複雑なユーザーインタフェースやデータ操作ロジックを開発する場合に開発時とメンテナンス時の両方で非常に多くの時間を節約してくれます。

メタデータプラットフォーム

Magicのアプリケーションおよびビジネスインテグレーションプラットフォームは、企業が技術的な複雑さを回避して、最大限の敏捷性と生産性を達成できるようにします。私たちのメタデータアプローチは、最小限の労力でアプリケーションを現在あるいは未来のあらゆる環境に対して適応するための柔軟性を提供します。

メタデータプラットフォームにより、アプリケーションロジックはセントラルリポジトリーに格納されたプロパティ、ルール、そして設定を使用して定義され、そこにはビジネスロジック、フォーム、そしてデータ操作を含むすべてのアプリケーション定義が入っています。メタデータはプラットフォームに依存しないので、複数のサーバーとクライアントプラットフォームに対応したネイティブなメタデータエンジンが、同じアプリケーションを背後のテクノロジーやアーキテクチャにかかわらず実行できます。

メタデータ開発は非常に構造化されておりコードフリーであるため、開発者のミスを取り除き、コンパイルやリンクといった冗長なステップを省くことで開発やデプロイの労力を削減します。

セントラルリポジトリーを使用することによりプロジェクトの統制が強化され、長期開発されたアプリケーションもその複雑さにもかかわらず容易にメンテナンスできます。

スケーラブルアーキテクチャ

Magicのアーキテクチャは、N階層アプリケーションサーバーデザインを実装することで、シングルユーザーから数百、数千のユーザーまで統合されたスケーラビリティを提供します。アーキテクチャはメッセージングミドルウェアコンポーネントに基づいており、メッセージの操作とキューイング、冗長化とフェイルオーバー、そして複数のサーバー間での自動ロードバランシングをサポートします。

ミドルウェアコンポーネントは、運用の信頼性とビジネス継続性を提供するためにアーキテクチャ設定の集中管理を提供し、総合的なセキュリティを確保します。

陳腐化しないテクノロジー

メタデータを使用して開発したアプリケーションは、アプリケーション全体を開発し直す必要なしに、あるデプロイメントアーキテクチャから別のもっと進化したアーキテクチャへ容易にアップグレードできます。同様にMagicのメタデータエンジンは、あるテクノロジー世代からそのプラットフォームの最新のバージョンを含む次の世代への速くてシームレスな、そして費用効果の高い移行を促進します。

Magicのプラットフォームでは、過去30年間に実装されてきた多くのプロジェクトが最新のテクノロジーに問題なく移行されてきました。このことがMagicのメタデータアプローチの利点とIT投資の価値に対する保護能力を明確に証明しています。

マルチOSサポート

Magicのメタデータアプローチの主要な優位性は、複数のオペレーティングシステムのサポート能力です。アプリケーションロジックはプラットフォーム非依存のメタデータリポジトリーに定義されるため、サーバーアプリケーションは様々なサーバーオペレーティングシステムでデプロイできます。同様に、クライアントアプリケーションもMicrosoft Windows, RIM BlackBerry, Apple iOS (iPhone and iPad), そして Google Androidでデプロイできます。Magicのテクノロジーは、サーバーとクライアント間での自動パーティショニングを実現することで複雑さを整備しています。あらゆるプラットフォームのネイティブエンジンによるメタデータのサポートは、すべてのMagicベースのプロジェクトを将来にわたって保証された投資に変えてくれます。