28. 超高速開発で変わるシステム開発のプロジェクトマネジメントとは

 

超高速開発を取り入れることによって、システム開発の工程や進め方が変われば、それに合わせてプロジェクトマネジメントの方法も変わってきます。

従来型のシステム開発方法においては、プロジェクト内の情報共有などの情報管理や、スケジュール管理などの進捗管理、成果物の精査などによる品質管理などが重要視されてきました。

超高速開発では、実際にどのようなマネジメント要素が必要になってくるのでしょうか。

超高速開発で変わるシステム開発のプロジェクトマネジメントについて考えてみましょう。

 

品質管理

 

設計情報がリポジトリで管理されているため、その時点で設計情報の整合性が担保され、一定レベル以上の品質を維持することが可能となります。

プロジェクトの進捗やシステムの品質がリポジトリによって簡単に確認できるため、従来のようなレビュワーや有識者によるレビューの繰り返しによる品質管理ではなく、担当者自身がリポジトリを通して品質を確認することが出来ます。

ドキュメント中心の作成とコミットの繰り返しによる品質管理がなくなり、定期的なレビュー会などは不要になり、常にリアルタイムな品質確認・品質管理が可能になり、高い品質の維持が容易になります。

作業担当者自身が、品質管理責任者となることが可能となるのです。

 

組織体制

 

従来型のシステム開発では、システムの規模によっては大量の人員を投じ、労働集約的に各工程の作業を進める必要がありました。

そのため、各工程ごとにチームが分かれ、それぞれのチームを統括するリーダーが必要となります。

こうして作られた組織は、複雑な構造になり、管理・把握が難しいとともに、横の連携が弱く、情報や意識の共有・統一が非常に困難な体制であると言えるでしょう。

超高速開発では、従来型の開発手法に比べて組織は小規模でかつ相互の連携が発達したマトリックス型の組織体制とマネジメントが可能になります。

 

コミュニケーション

 

従来型のシステム開発では、プロジェクトの各工程において担当者がいて、それぞれの役割分担がはっきり分かれていました。そのため、ドキュメントを中心に、各個人の力を集約することでシステム開発を進めることになっていたのです。

しかし超高速開発においては、情報システム開発の技術的なハードルが下がり、業務担当者でも開発プロジェクトに関わることが出来るようになります。そのため、個人の技術や能力の集約ではなく、チームワークとしての作業が求められるようになるでしょう。

従来型の開発よりもさらに、プロジェクト内のコミュニケーションが重要になってくるのです。

また、小規模でかつ相互の連携が発達したマトリックス型の組織体制が必要になるため、横の連携が強く、活発にコミュニケーションを取り合うことのできる組織作りが必要となります。

 

連載目次へ