Outperform The Future

7. 社内システムの開発を効率化するには

 

社内システムとは、その名のとおり自社の社内向けのサービスを提供するシステムのことを指します。社内システムの主な役割としては、自社の業務を支援したり、社内の管理業務を行ったりなどが挙げられます。社内システムは直接利益を生むものではありませんが、自社のビジネスを円滑かつ効率的に進め、生産性をアップするという点において重要なものであると言えるでしょう。

 

社内システムの開発は、通常の開発同様かそれ以上に(または予算の制限が厳しいことも多いため)開発の効率化、コストの削減を求められるものであると言えるでしょう。

それでは、社内システムの開発を効率化するには、どうしたらよいのでしょうか。

 

社内システム開発の問題点を洗い出す

 

社内システムの開発では、通常の開発と同様に、人材や技術力の不足、品質の担保や予算超過、開発の長期化といった問題が発生するリスクを抱えています。

特に社内システムについては、それ自体が利益を生み出すものでないこと、自社の業務に直結するものでないといった理由から、人材や予算の確保が困難になるケースも多くなっています。

また、社内システムの開発においては、現場社内ユーザーの業務処理の流れとシステム上の処理の流れが一致していなかったり、部署ごとで認識の違いがあったり、部門間で情報共有がなされていなかったり、といった問題による工数の超過などが発生しがちです。

 

まずは自社のシステム開発を検討するにあたって、どんな問題点があるかを洗い出し、どうすれば現場の業務を正確に把握し、システムとの乖離や部署間のずれなどがなく進められるか、分析していく必要があるでしょう。

 

社内システム開発のコスト削減

 

社内システム開発のコストについては、通常の開発同様、プロジェクト管理やシステム開発にかかる人件費がそのほとんどを占めます。

そのため、プロジェクトの期間が延びれば、その分コストがかさむことになります。

適切なスケジュールを組み、最適な手法で工程通りに作業を進めることが、開発工数の削減や効率化に繋がります。

さらに、社内システム開発においては、現場のユーザー業務を正しくシステムに反映させることが重要になりますが、通常の外注では、受注したSIer主体の開発となるため、現場の要望との乖離が発生しやすく、要件定義や仕様の決定、仕様変更といった業務とのすり合わせに要する作業の工数がかさむ大きな要因となります。

 

こういったことを踏まえて社内システム開発の効率化を図るために、ユーザー主体で開発を行える、超高速開発ツールを活用することが選択肢として注目されています。

Magicの開発ツールを利用すれば、少ない開発工数でアプリケーションを開発することが可能になり、社内システムにかかるコストを大幅に削減することが出来ます。

 

連載目次へ