マジックソフトウェアのIoT連携ソリューションをGigaSpaces InsightEdgeで強化

Magic xpiがダウンタイム・ゼロでの高速データストリーミングとデータ集約、予測分析エンジンとしてInsightEdgeを使用

2017, 7月 19

※本リリースは、2017年 7月 11 日付でマジックソフトウェア・エンタープライゼズから発表されたプレスリリースの日本語訳です。 本リリースの全文(英文)はこちら(http://bit.ly/2sPBLYG)をご覧ください。

インメモリ・コンピューティング(IMC)技術のプロバイダーであるGigaSpaces社は、システム連携ソフトウェアなどの幅広いソフトウェアとITサービスのグローバル・プロバイダーであるMagic Software EnterprisesにIoT連携ソリューションを提供します。 Magicは、GigaSpaces社のInsightEdgeプラットフォームを連携ソリューションMagic xpiの一部として利用することで、センサーのデータからリアルタイムに実用的な洞察を得ることができます。

2020年までに世界中で208億ものモノが接続されることが予想されており、IoTは製造、輸送、医療、セキュリティなど多くの業界で大きな可能性を秘めています。 この膨大な量のデータを収集、集約、分析することは、リアルタイムの洞察を求める企業にとって不可欠です。

ファストデータ・インメモリ・コンピューティング・プラットフォームであるInsightEdgeは、統合されたオープンソースベースのソフトウェアスタック上で、IoTセンサーデータの分析的およびトランザクション的なワークロードを収束し、Magic xpiの連携およびインテリジェンスエンジンで操作できるストリームに変換します。

Magic SoftwareのIoT連携ソリューションとInsightEdgeの組み合わせは、テレメトリーでセンサーデータが取り込まれ、相関され、統合された環境における、メンテナンス予測、異常検出とサービスの最適化など、多くのIoTシナリオで活用できます。そしてデータは、予測とその後の必要なアクションを処理するオーケストレーターであるMagic xpiに転送されます。このソリューションは、設備の故障を予測してビジネス継続性と最適化された運用を保証します。

Magic Softwareのテクノロジー&イノベーション担当副社長であるユヴァル・ラヴィ(Yuval Lavi)は、次のように述べています。「ビジネスプロセスを最適化し、過去15年間にわたって進化したシステム連携プラットフォームは、GigaSpacesの最新製品「InsightEdge」を搭載したIoTハブになりました。 「GigaSpacesは、お客様がテレメトリーのデータ収集を簡素化および加速し、IoT導入からの完全なビジネス価値を得ることを可能にします。

これはMagicとGigaSpacesの最初のコラボレーションではありません。Magicは、GigaSpacesのXAPインメモリ・コンピューティング・プラットフォームを長年にわたって使用しており、高速なデータストリーミング、集約および計算を実現しています。

GigaSpacesの製品戦略担当副社長であるAli Hodroj氏は次のように述べています。「Magic社は、お客様に絶えず優れたソリューションを提供しており、最新のIoT連携ソリューションはIoTデータを管理および分析するための重要な要件に対応しています。 「Magicの最新ソリューションにより、IoTアプリケーションは、ハイブリッドトランザクション/分析処理(HTAP)を組み合わせながら、センター、エッジ、クラウドのオープンソースコンポーネントを通じて拡張できるようになりました。

同社のブログ「blog.gigaspaces.com」で詳細を読む対応することができます。


GigaSpaces
について

GigaSpacesは、CloudifyとXAP In-Memory Computingという2つの製品ラインを通じて、クラウドアプリケーションオーケストレーションとインメモリ・コンピューティングのためのソフトウェアを提供しています。 世界中の何百ものTier-1およびFortuneに上場している組織は、GigaSpacesテクノロジーを活用してITの効率とパフォーマンスを向上させています。 主要セクターには、金融サービス、電子商取引、オンラインゲーム、医療および通信が含まれる。 GigaSpacesのオフィスは米国、ヨーロッパ、アジアにあります。 詳細はwww.gigaspaces.comとblog.gigaspaces.comを参照してください。