成功事例

  • アンリツ株式会社 ロゴ

    アンリツ株式会社

    2007年には、欧州の英・独・仏・伊・スウェーデンにある5つの販売子会社のシステムと日本のSAP R/3とのリアルタイムのデータ連携に着手し、こちらのプロジェクトは、R/3との連携を含めて約6カ月で最初のシステムをカットオーバーするという、驚 異的なスピードで進行しています。

  • テクノネットワーク ロゴ

    テクノネットワーク

    北九州市に本社を構え る株式会社テクノネットワークは、本社と福岡、長崎の各営業所を拠点 に、システムの受託開発を中心に事業を発展させている会社です。2002年には、データセンターを設立し、ハウジングやホスティングなど、サーバー管理か らIP網の構築まで、システム開発をトータルでサポートできる環境を整備しています。

  • 静岡オフィスオートメーション

    2016年2月よりアジャイル開発手法を採用し、工程作業実績管理システムの開発を開始。モバイルの部分は、20本のプログラムを1名の開発技術者が2週間で完成。作業員全員にタブレットを配布し、作業の実績登録が行えるようにした。

  • 株式会社サステック

    サステック

    ステンレス鋼材加工・販売の株式会社サステック様はこのたび、基幹システムとSalesforceのシステム連携を実現する手段としてMagic xpiを採用し、連携システムを自社開発されました。

  • アイカテック建材株式会社

    アイカテック建材株式会社

    リプレースしたシステムの規模ですが、プログラム本数が1,700本、テーブル数が550個です。大規模なシステム開発です。そんな大規模開発で一番工夫したことは、ユーザーにプロトタイプで早めに使ってもらい、要望を次々とあげてもらったことです。その結果、早い段階でシステムの軌道修正をかけられ、ユーザーの要望するシステムが実現できました。

  • エコー・システム ロゴ

    エコー・システム

    【EchoPack販売管理】は、ソースコード提供型・カス タマイズ自由な販売管理パッケージです。 販売当初よりソースコードを公開し、『主に同業者の方に購入していただき、同業者の方がEchoPackをカスタマイズしてビジネスの幅を広げてほし い。』との目的で展開していました。

  • 日本商工会議所

    日本商工会議所

    日本商工会議所が1992 年にリリースした「TOAS」(商工会議所トータルOAシステム)。現在は日本商工会議所傘下の514 の事業所中、342カ所が導入するという“ 全国規模” のソフトウェアへと成長しています。

  • スターランド ロゴ

    スターランド

    Magicを使い始めたのは、1994年12月Ver4.3の頃。当時、システム開発時のテストの生産効率が悪く、その解決を図ることを目的にMagicを導入しました。

  • システムルート ロゴ

    システムルート

    Magicを使うことになったのは、V4.26が出始めた頃、知り合いのソフトハウスから急遽Magicでの開発を依頼され、始めは何もかも分らなかったが、2週間でMagicをマスターしたと云う吉田社長。

  • ミルボン

    ミルボン

    株式会社ミルボンは、世界12か国、国内17拠点に展開し、国内トップシェアを誇る美容サロン用ヘア化粧品専門企業です。同社が従来使用していたデータ連携システムでは、モニタリングができず、データ変換の処理時間もひっ迫していました。そこで、工場移設のタイミングで以下の要件に基づいた新しいシステム導入が検討されました。

ページ

  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform,uniPaaS,Magic xpa RIA Deployment
  • Magic xpa Application Platform,uniPaaS,Magic xpa RIA Deployment
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform,uniPaaS
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpi Integration Platform,iBOLT

ページ