成功事例

  • アサマソフトウェア

    浅間山と八ヶ岳に挟まれた風光明媚な長野県佐久市に本社を置くアサマソフトウェアは、 2009年1月に「e-Net少額短期保険株式会社」の少 額短期保険業務用システム「NEWS」を開発しましたが、「業務を大幅に省力化する優れたシステム」として評判を呼んでいます。

  • アスコット

    アスコット

    当社では主に流通・製造業を対象としたパッケージを開発しています。 特徴は、単に日常の業務を処理するだけではなく、お客様の業種・業態に合ったビジネスモデルに特化し、経営課題を解決するための機能を提供するパッケージであることです。

  • 武蔵塗料 ロゴ

    武蔵塗料

    プラスチック用塗料の研究開発・製造・販売でトップを走る武蔵塗料株式会社は、生産管理の高度化と海外展開に備えて、従来のシステムを Magic eDeveloper を使って全面的に刷新しました。

  • ミントウェーブ ロゴ

    ミントウェーブ

    株式会社ミントウェーブは、2008年7月に、高岳製作所グループの旧ミントウェーブとタカック・システム開発の2社が合併してできた会社です。 そして翌8月には、SAPジャパンのERP製品「SAP Business One」をベースとする基幹システムの全面的な再構築を計画しました。

  • 茨城電通

    茨城電通

    開発ツールにMagic xpa を採用し、Access2010の全プログラムをMagic xpaで開発したRIA(Rich Internet Application)に6ヶ月で移行。

  • スパリゾートハワイアンズ

    スパリゾートハワイアンズ

    リストバンド決済の導入により、施設内での飲食や買い物の利便性が向上し、客単価のアップにもつながっています。

  • 静岡オフィスオートメーション

    2016年2月よりアジャイル開発手法を採用し、工程作業実績管理システムの開発を開始。モバイルの部分は、20本のプログラムを1名の開発技術者が2週間で完成。作業員全員にタブレットを配布し、作業の実績登録が行えるようにした。

  • 松山電子計算センター ロゴ

    松山電子計算センター

    愛媛県松山市に本社を置く松山電子計算センターは、1970年の設立当初は受託計算をビジ ネスの柱とし、その後富士通製オフコンの販売やオフコン用ソフトの開発へ進出しましたが、90年代のオフコン市場の縮退とPCの急速な台頭を受けて「脱オフコン」へ踏み切り、PCパッケージの自社開発・販売へ大きく事業転換した経歴を持ちます。

  • ビジネス・フォーラム ロゴ

    ビジネス・フォーラム

    協同組合ビジネス・フォーラムは、さまざまな業種の中小事業者が出資し、購買や教育・情報事業を共同で行うことにより各種メリットを相互に享受し合うことを目的とした団体です。

  • アンリツ株式会社 ロゴ

    アンリツ株式会社

    2007年には、欧州の英・独・仏・伊・スウェーデンにある5つの販売子会社のシステムと日本のSAP R/3とのリアルタイムのデータ連携に着手し、こちらのプロジェクトは、R/3との連携を含めて約6カ月で最初のシステムをカットオーバーするという、驚 異的なスピードで進行しています。

ページ

  • Magic xpi Integration Platform,iBOLT
  • Magic xpa Application Platform,eDeveloper
  • Magic xpa Application Platform,uniPaaS,Magic xpa RIA Deployment
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpa Application Platform
  • Magic xpi Integration Platform,iBOLT
  • Magic xpi Integration Platform,iBOLT
  • Magic xpa Application Platform

ページ