Magic xpa サポート・ライフサイクル

マジックソフトウェア・ジャパンのソフトウェア製品は、新しい技術のサポート、新機能拡張、また製品が現実的に持つ諸問題に対応する為に絶えずアッ プデートされています。新規プロジェクトでは、最新のリリースバージョンで開始いただく事、また、できる限り早期に現存アプリケーションを最新のリリース に移行いただくことをお勧めいたします。

Magic xpa (旧製品を含む)サポートのライフサイクルは、製品に対するお客様の投資を保護し、アップグレードに関するお客様の判断に対してガイダンスをご提供することを意図しております。

 

MSJリリース予定表(チャネルノート)

MSJリリース予定表 2016年9月号(チャネルノート)(PDFファイル)

 

サポートポリシー | ライフサイクル | サポート状況

 

サポートポリシー


Magicの製品リリースは、一定のライフサイクルを遷移します。このライフサイクルにおける各ステージにて提供されるサポートレベルを十分にご理解ください。

製品サポートポリシーは、原則的には、以下の定義に基づきます。

  • 出荷中のメジャーバージョン及び1つの前のメジャーバージョンの製品をサポートします。
    (V10/Magic uniPaaS V1は、同一のバージョンとして判断します。)
  • サポート期間は、初期メジャーバージョン製品リリース後、最低2年間します。
  • サービスパック(マイナーリリース)は、次のサービスパックが提供されてから最低12ヶ月間に限りサポートされます。

 

注意:市場動向、Magicのリリーススケジュール等により、対応期間が変更される場合があります。

上へ

ライフサイクル

  サポートステージ
サポート フル
サポート
メンテナンス
サポート
アップデート
サポート
販売終了 サポート終了
インストールサポート -
他ソフトウェア環境サポート - - -
アップデート(SP)提供 - - -
テクニカルサポート
(サポートセンター)
-
販売 - -

 

サポートステージ

フルサポート:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
必要に応じて、アップデート(マイナーバーションアップ、バグ修正)が行われます。
必要に応じて、周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートを行います。
(対象ソフトウェアは、MSJにて判断いたします。)
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売しています。

 

メンテナンスサポート:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
アップデート(バグ修正)が提供される場合があります。マイナーバージョンアップは行いません。(例:V9.2 → V9.3等)
必要に応じて、周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートを行います。
(対象ソフトウェアは、MSJにて判断いたします。)。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売しています。

 

アップデートサポート終了:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
アップデート(バグ修正)は基本的に行いません。重大な問題(セキュリティ問題等)が発生した場合は、対応する場合があります。
周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートは行なわれません。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売しています。

 

販売終了:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
アップデート(バグ修正)は行いません。
周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートは行なわれません。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売が終了しています。

 

サポート終了:
インストールに関するサポートは行われません。
この製品に対して、修正は行われません。
周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートは行なわれません。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは行われません。
販売が終了しています。

上へ

サポート状況

2016年12月

Windows版
  フルサポート メンテナンス
サポート
アップデート
サポート終了
販売終了 サポート終了
V7 初期リリース
1996年10月
2003年12月 2003年12月
V8 初期リリース
1999年2月
2006年6月 2007年12月 2008年3月
V9 初期リリース
2001年6月
2007年12月 2009年12月 2010年3月
V9 Plus 初期リリース
2003年12月
2009年12月 2010年12月 2011年3月
V10 ※1
uniPaaS V1
初期リリース
2006年12月
2010年4月 2013年8月 2013年12月 2014年3月
uniPaaS V1Plus 初期リリース
2009年12月
現在
2012年12月
2019年12月 2020年9月 2020年12月
Magic xpa 2
初期リリース
2012年11月
現在
2015年12月
Magic xpa 3
初期リリース
2015年10月

 

Windows版以外
  フルサポート メンテナンス
サポート
アップデート
サポート終了
販売終了 サポート終了
Magic/400(V8) 2006年6月 2007年12月 2008年3月
UNIX/Linux(V8) 2005年12月 2006年3月 2006年9月
iSeries(V9) 2007年12月 2009年12月 2010年3月
Linux(V9) 2007年12月 2009年12月 2010年3月
iSeries(V9Plus) 2009年12月 2010年12月 2011年3月
Linux(V9Plus) 2009年12月 2010年6月 2010年9月
IBM i ※1
(V10/uniPaaS V1)
2013年8月 2013年12月 2014年3月
IBM i
uniPaaS V1Plus
初期リリース
2010年3月
現在
2012年12月
2019年12月 2020年9月 2020年12月

※1: V10のメンテナンスは終了し、Magic uniPaaS V1へ移行されます。

 

ReportsMagic
  フルサポート メンテナンス
サポート
アップデート
サポート終了
販売終了 サポート終了
V2.1 初期リリース
2016年4月
 -  -  -
V2.0 初期リリース
2013年9月
現在
2016年4月
 -
V1.4 初期リリース
2010年12月
2013年9月 現在
2016年12月
2017年12月 2018年3月
V1.3x 初期リリース
2008年3月
2012年12月 2014年9月 2014年12月
V1.1x 初期リリース
2005年12月
2010年6月 2010年12月 2011年3月
V1.0x 初期リリース
2005年2月
2010年6月 2010年12月 2010年12月

 

 

用語の定義

バージョン番号:製品のリリースに際しては、以下の形式の4つの部分からなるバージョン番号により識別されます。
<V9/V9Plus の場合>
XX. YY [SPZ] [N]
 (例:Ver9.4 SP1a
   
メジャーバーション:機能拡張ならびに新機能を伴うリリースで、バージョン番号の「XX」部分で表現されます。また、「YY」も含まれる場合があります。
通常、メジャーバージョンのバージョンアップは、有償となります。
   
サービスパック(マイナーバージョン):次のメジャーリリースまでの間に主に機能拡張、障害対応を加えるためのリリースで、 バージョン番号の「YY」[SPZ] [N] 部分の変更により表現されます。
通常、サービスパックのバージョンアップは無償となります。

 

上へ

Magicの製品リリースは、一定のライフサイクルを遷移します。このライフサイクルにおける各ステージにて提供されるサポートレベルを十分にご理解ください。

製品サポートポリシーは、原則的には、以下の定義に基づきます。

  • 出荷中のメジャーバージョン及び1つの前のメジャーバージョンの製品をサポートします。
    (V10/Magic uniPaaS V1は、同一のバージョンとして判断します。)
  • サポート期間は、初期メジャーバージョン製品リリース後、最低2年間します。
  • サービスパック(マイナーリリース)は、次のサービスパックが提供されてから最低12ヶ月間に限りサポートされます。

 

注意:市場動向、Magicのリリーススケジュール等により、対応期間が変更される場合があります。

  サポートステージ
サポート フル
サポート
メンテナンス
サポート
アップデート
サポート
販売終了 サポート終了
インストールサポート -
他ソフトウェア環境サポート - - -
アップデート(SP)提供 - - -
テクニカルサポート
(サポートセンター)
-
販売 - -

 

サポートステージ

フルサポート:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
必要に応じて、アップデート(マイナーバーションアップ、バグ修正)が行われます。
必要に応じて、周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートを行います。
(対象ソフトウェアは、MSJにて判断いたします。)
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売しています。

 

メンテナンスサポート:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
アップデート(バグ修正)が提供される場合があります。マイナーバージョンアップは行いません。(例:V9.2 → V9.3等)
必要に応じて、周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートを行います。
(対象ソフトウェアは、MSJにて判断いたします。)。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売しています。

 

アップデートサポート終了:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
アップデート(バグ修正)は基本的に行いません。重大な問題(セキュリティ問題等)が発生した場合は、対応する場合があります。
周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートは行なわれません。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売しています。

 

販売終了:
製品インストールに関するサポートを無償(FAX)にて提供いたします。
アップデート(バグ修正)は行いません。
周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートは行なわれません。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは有償にて承ります。(サポートセンター)
販売が終了しています。

 

サポート終了:
インストールに関するサポートは行われません。
この製品に対して、修正は行われません。
周辺ソフトウェア(OS、DBMS等)の新バーションの評価、サポートは行なわれません。
インストール以外のテクニカルな問題に関するサポートは行われません。
販売が終了しています。

2016年12月

Windows版
  フルサポート メンテナンス
サポート
アップデート
サポート終了
販売終了 サポート終了
V7 初期リリース
1996年10月
2003年12月 2003年12月
V8 初期リリース
1999年2月
2006年6月 2007年12月 2008年3月
V9 初期リリース
2001年6月
2007年12月 2009年12月 2010年3月
V9 Plus 初期リリース
2003年12月
2009年12月 2010年12月 2011年3月
V10 ※1
uniPaaS V1
初期リリース
2006年12月
2010年4月 2013年8月 2013年12月 2014年3月
uniPaaS V1Plus 初期リリース
2009年12月
現在
2012年12月
2019年12月 2020年9月 2020年12月
Magic xpa 2
初期リリース
2012年11月
現在
2015年12月
Magic xpa 3
初期リリース
2015年10月

 

Windows版以外
  フルサポート メンテナンス
サポート
アップデート
サポート終了
販売終了 サポート終了
Magic/400(V8) 2006年6月 2007年12月 2008年3月
UNIX/Linux(V8) 2005年12月 2006年3月 2006年9月
iSeries(V9) 2007年12月 2009年12月 2010年3月
Linux(V9) 2007年12月 2009年12月 2010年3月
iSeries(V9Plus) 2009年12月 2010年12月 2011年3月
Linux(V9Plus) 2009年12月 2010年6月 2010年9月
IBM i ※1
(V10/uniPaaS V1)
2013年8月 2013年12月 2014年3月
IBM i
uniPaaS V1Plus
初期リリース
2010年3月
現在
2012年12月
2019年12月 2020年9月 2020年12月

※1: V10のメンテナンスは終了し、Magic uniPaaS V1へ移行されます。

 

ReportsMagic
  フルサポート メンテナンス
サポート
アップデート
サポート終了
販売終了 サポート終了
V2.1 初期リリース
2016年4月
 -  -  -
V2.0 初期リリース
2013年9月
現在
2016年4月
 -
V1.4 初期リリース
2010年12月
2013年9月 現在
2016年12月
2017年12月 2018年3月
V1.3x 初期リリース
2008年3月
2012年12月 2014年9月 2014年12月
V1.1x 初期リリース
2005年12月
2010年6月 2010年12月 2011年3月
V1.0x 初期リリース
2005年2月
2010年6月 2010年12月 2010年12月

 

 

用語の定義

バージョン番号:製品のリリースに際しては、以下の形式の4つの部分からなるバージョン番号により識別されます。
<V9/V9Plus の場合>
XX. YY [SPZ] [N]
 (例:Ver9.4 SP1a
   
メジャーバーション:機能拡張ならびに新機能を伴うリリースで、バージョン番号の「XX」部分で表現されます。また、「YY」も含まれる場合があります。
通常、メジャーバージョンのバージョンアップは、有償となります。
   
サービスパック(マイナーバージョン):次のメジャーリリースまでの間に主に機能拡張、障害対応を加えるためのリリースで、 バージョン番号の「YY」[SPZ] [N] 部分の変更により表現されます。
通常、サービスパックのバージョンアップは無償となります。