次世代のWebアプリケーションフレームワーク

ますます複雑になるデジタル・トランスフォーメーションのエンタープライズビジネスの要求に応える、リッチなユーザーエクスペリエンスの提供とともに、Angularを利用した最新のシングルページ・ビジネスアプリケーションを簡単に作成できるようになりました

Magic + Angular

Magic xpaと連携してAngularアプリを開発することで、両方の長所を活用できます。Magicでビジネスロジックを定義し、Angularコードを使用してプレゼンテーションを開発します。

リッチなUX/UI

自分で画面を設計することなく、Webデザイナーにアプリ用の直感的でモダンな画面を委託することで、開発者は業務ロジックやプロセスの実装に集中できます

大規模アプリケーション

Angularが苦手とする大規模なアプリは、MagicのWebアプリケーションフレームワークを使用する際には問題になりません。 数千の画面を備えたSPAアプリでも、Magicを使えば簡単です。

AngularとMagicとの出会い

まるでMagicが開発パラダイムを最大限に発揮できるように、Angularのようなテクノロジーが登場するのを何年も待っていたようです。

Magicはいつも常識にとらわれず創意工夫をしてきましたが、今回は常識を破壊してしまいました。

バックエンドとフロントエンドの両方で、Magic xpaビジネスロジックから簡単にAngularコードを生成できるようになりました。

Angular対応アプリ開発までの4つのステップ

Magic Studio

Webクライアントタスクタイプを選択して、バックエンドとフロントエンドの両方のビジネスロジックを構築することから始めます。 ロジックはプレゼンテーションから分離されているため、この段階ではUX / UIについて気にする必要はありません。

Magic Converter, angular project

Magic Converter

Magic Studioからは、ボタンをクリックするだけで、Magic Converterを使用してユーザーがカスタマイズ可能なAngularコードが生成されます。また、基本的な機能のユーザーインターフェイス(UI)も作成されます。

Angularプロジェクト

Angularは、既存のコードをそのまま使用できます。さらに、クライアントサイドで作成したMagicタグを使用したAngularコードを追加することもできます。

UX & UI

誰でも簡単にHTMLとCSSを使って、画面をアップデートすることができます。

お問い合わせ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”