トリガー機能

トリガー機能が様々なタイミングで自動起動することによりリアルタイム連携を実現ができます。

  • WEBサービス (WebServiceプロバイダー)
  • HTTP (Webアプリケーション)
  • キュー監視(MSMQ/JMS/WebSphereMQ/iSeries Data Queue)
  • E-Mail受信
  • フォルダー内のファイル監視(監視後、移動・削除・リネーム)
  • スケジューラー(カレンダー、インターバル)
  • SAP Business One監視
  • SAP A1監視(iDOC)
  • SAP ERP監視(iDOC)
  • Salesforce監視
  • SugarCRM監視
  • Exchange2007監視
  • ServiceMax監視
  • MQTT

差分抽出機能

多数のトリガーで監視ができ、さらに追加、更新、削除されたデータの差分取得することが可能です。大量データの連携時など必要なデータだけ連携が可能になります。

多数のトリガーがイベントを監視、変更前後の差分取得できるのはMagic xpiだけ!

豊富な標準アダプタ

Magic xpiには 66 種 500 機能以上のアダプタ・コネクタ群を提供されているため、簡単で直感的なユーザーインターフェースからドラッグアンドドロップでシステム連携フローがデザインできます。

赤字の別売りアダプタ以外はすべて標準機能として利用できるので、連携先が増えても追加コストがかかりません。

高可用性と拡張性

インメモリ・データグリッドのメッセージング インフラストラクチャをベースとするスケーラブルなアーキテクチャです。
大量のデータを多数のサーバのメモリ上で分散して管理することにより、データの冗長化と信頼性が確保され、システム全体の可用性を劇的に向上させることが可能になります。

高可用性と拡張性(インメモリ・データグリッド)

  • ミッションクリティカルなシステムをノンストップで稼働
  • 大量トランザクションデータ処理を、サーバ増設で容易にスケールアウト

お問合せ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”