クラウド、オンプレミス、およびハイブリッド環境のすべてのシステムを
ノン・コーディングでデータ連携

豊富なトリガーで
リアルタイム連携

トリガー機能によって様々なタイミングで自動起動することができます。

詳細情報へ

業務プロセスの
自動化を簡単に

非効率な手作業を削減し業務プロセスを自動化することで、ビジネスのスピードを高めます。

ビジネスの変化に
すばやく対応

アプリケーションやサービスの変更や、APIの仕様が変わっても、柔軟にすばやく変化に対応できます

豊富な標準アダプタ

すべての連携ニーズに対応

集中管理された連携プラットフォームと、SalesforceやSAP、その他多くの認定されたコネクタを含む、100以上のビルド済みコンポーネント群により、オンプレミス・クラウド間のあらゆる連携ニーズに対応します。

コネクタビルダー(SDK)で独自のアダプターを作成することもできます

複雑なデータ連携をシンプルに

ノン・コーディング

コーディングを必要としない、ドラッグ・アンド・ドロップの開発環境「Magic xpi Studio」は、各システムが持つ独自APIの仕様や、業界標準の各種データ交換プロトコルについての知識がなくても、データ連携フローを作成できます。

また、必要に応じて開発者が独自にコードを追加することもできます。

Magic xpi visual studio drag and drop functionality
magic xpi data mapper data integration logic

データマッパー

データマッパーが、マウス操作で複数のエンドポイント間に線を引くだけで、データ変換・加工・編集・計算などの複雑な処理を行うことができます

インメモリ・データグリッド

「インメモリ・データグリッド(In-Memory Data Grid)とは、大量のデータを複数のサーバのメモリ上にデータを分散管理し、並列に処理する技術です。
メッセージ層のミドルウェアにIMDGテクノロジーのGigaSpacesを採用したことにより単一障害ポイントを排除しました。
クラスタリング(アクティブ・アクティブ)による拡張と並列処理によるスケールアウトが容易になりました。

built-in in-memory data grid architecture
magic xpi built-in monitoring screen

Magicモニタ

Magic xpiサーバのアクティビティログの収集、連携フロー/トリガーの処理状況、IMDGの稼働状況を常時モニタリングできます。
リアルタイムのデータグラフ、チャート、アラートをチェックすることで、パフォーマンスを向上させるためのヒントを得ることができます。

コネクタビルダー

.NET およびJavaにより、カスタムコンポーネント(コネクタ/アダプタ)を開発することができる開発キット(SDK)です。統合開発環境「Visual Studio Express 2015 for Desktop」および「Eclipse」を使用して、マジックソフトウェアがアダプタを提供していない様々なシステム/サービスとのデータ連携コンポーネントを独自に作成することができます。

連携事例

学研
SAP ERPと新受注管理システムをMagic xpiで連携
受注処理の迅速化と「顧客満足」を達成
事例の詳細
TOA
コンタクトセンターシステムとSAP® ERPを連携
作業効率向上と請求処理の確実性を達成
事例の詳細
サードウェーブソリューションズ
1200テーブルから統合データベースを3カ月で構築
Magic xpiを使用したマイグレーションサービスへ展開
事例の詳細

お問合せ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”