よくあるご質問(FAQ)

マジックxpa マジックxpi

価格・費用について

Q.価格表はありますか?

Magic製品の技術情報サイト DEVNET Japan内で各バージョンごとに価格表を公開しています。

Magic xpa 4.x

Magic xpa 3.x

 

Q.買取価格ですか?毎年保守費用がかかりますか?

基本的には永続ライセンスの買取り価格で提供しています。クライアント製品(Studioやクライアント実行ライセンス)には保守料(ソフトウェア・メンテナンス)はありません。サーバー製品については年間保守料をいただいております。

サブスクリプションライセンスでのご利用も可能です。

 

Q.開発環境を整えるのに必要な初期費用は?

開発機のPCの他には、ソフトウェアとしてはMagic xpaの開発環境である、Magic xpa Studio(定価:60万円)またはMagic xpa Studio RIA Edition(定価:185,000円)を、使用する開発者数分必要です。その他、DBMSが別途必要です。技術トレーニングサポートは別途有償です。

契約について

Q.Magicパートナーになるための契約は必要ですか?

パートナー契約は不要ですが、別途Magicサポート契約を締結していただいております。
その他技術習得などにつきましては必要に応じて各種トレーニングなどをご利用ください。

トレーニング・セミナーについて

Q.Magic xpaでの開発を体験できますか?

Magic xpaのアプリケーション開発を体験できる無償のハンズオンセミナーを定期開催しています。

詳しくはこちら⇒https://www.magicsoftware.com/ja/handson-seminer/magic-xpa-hands-on/

 

Q.自習できる教材やテキストはありますか?

Magic xpaスキルアップセンターでご紹介しています。

Magic xpaスキルアップセンター⇒https://devnet.magicsoftware.co.jp/skillup/magicskillup/

 

Q.どのようなトレーニングコースがありますか?

基礎的な内容から、モバイルアプリ開発、オフラインで動作するアプリ開発などのトレーニングコースをご用意しています。
トレーニングガイドラインはこちら

 

Q.オンラインで受講できるセミナーはありますか?

オンラインでいつでもどこからでも受講できるMagic On-Demand Seminar(MOS)があります。 無償セミナーと有償セミナーがあり、有償セミナーは集合形式の有償トレーニングと同じ内容です。

動作環境について

Q.動作環境やハードウェアスペックが知りたい

開発者向けの技術情報サイト、DEVNET Japanの動作環境をご参照ください。
Magic xpa 4の動作環境
https://devnet.magicsoftware.co.jp/magicxpa/magicxpa4/dbmsmagicxpa4/

サポート体制について

Q.技術サポートは有償ですか?無償で受けられるサポートはありますか?

技術サポートサービスは有料です。(年間:10インシデントで新規契約12万円~)

既知の技術情報はナレッジベースとして無償公開しています。Magic xpaテクニカル情報⇒https://devnet.magicsoftware.co.jp/support/unipaas-support/tech-information/

Magicユーザーの相互支援とナレッジ共有の場として、オンラインコミュニティサイト「Magicユーザーズフォーラム」があります。どなたでも自由に閲覧でき、ユーザー登録することで投稿やコメントができます。

その他

Q.「○○○がしたい時はこうやる」が書かれた逆引きマニュアルはありますか?

Magic xpa逆引き辞典 (マスタリングMagic xpa)が製品に添付されています。

オンラインマニュアル⇒https://devnet.magicsoftware.co.jp/support/unipaas-support/manual/

 

Q.どのくらいの期間とコストをかければ使いこなせるようになりますか?

まず最初に、Magic xpa基礎トレーニングコースを受講されることを強くお勧めします。その上でRIAやモバイルアプリを開発されるのであれば、Magic xpa RIAトレーニングコースを受講してください。基礎知識を学んだ上で、実際のアプリケーション開発プロジェクトの実務経験を重ねれば、過去の経験や適性にもよりますが、平均して3ヶ月程度で使いこなせるようになるようです。Magic xpaの開発経験者が近くにいて、いつでも聞ける環境ですと、習得が早くなります。

マジックソフトウェア・ジャパンのプロフェッショナルサービスでは、人材育成やプロジェクト推進をご支援します。

 

Q.言語によるプログラミングと比較して開発効率はどのくらい違いがありますか?

システムの内容や開発者の習熟度により違いますが、お客様からは2~5倍の開発効率という声が多く聞かれます。 処理の内容によっては10倍、開発したアプリケーションを改修・メンテナンスする効率については、それ以上に効率が高いと評価されています。

 

Q.使いこなすためにはどのような知識やスキルが必要ですか?

Javaや.NET などのプログラミングスキルは必要ありません。リレーショナルDBについての基本的な知識は必要ですが、SQL文の知識も必須ではありません。業務で必要とする様々なデータやその構成、関連性をデータモデルに整理して、業務プロセスやフローを設計するスキルが必要です。

 

Q.国内での導入実績は?

自社のシステム開発ビジネスのツールとしてご採用頂いているMagic xpaパートナー様は国内に800社以上。パートナー様経由で累計4万5000社以上の企業ユーザーにMagic xpaで開発されたシステムが導入されています。
導入事例はこちら

価格・費用ついて

Q.価格表はありますか?

こちらで価格表をダウンロードしていただけます。

 

Q.買取ライセンスですか?毎年費用が発生しますか?サブスクリプションライセンスはありますか?

買取ライセンス(年間保守料あり)と、サブスクリプション価格があります。

サーバ実行環境のMagic xpi Integration Serverのライセンスは、CPU数やコア数に依存しない「スレッド・ライセンス」です。5スレッド、10スレッド、35スレッドのライセンスを提供しています。提供されたスレッド数を超えない範囲で複数の筐体のサーバで連携フローを並列実行することができます。

ご購入いただいたスレッド数と同数のテストサーバ用ライセンス(24時間の時限ライセンス)が含まれています。テストサーバ用に別途ライセンスをご購入いただく必要はありません。

契約ついて

Q.Magic xpiパートナーになるには?

Magic xpiパートナーになるためには、以下の条件をクリアしていただく必要があります。

1.ビジネスパートナー契約の締結
販売数量のコミットはありません。

2.Magic xpi Partner Kit(提供価格:100万円)の購入
自社内に開発検証環境を構築するための環境です。

Magic xpi 35スレッドライセンス(弊社提供の全アダプタ)
Magic xpi Studio Single User
※ Magic xpi Partner Kit 詳細

トレーニング・セミナーについて

Q.Magic xpiでの連携フロー開発を体験できますか?

Magic xpiの連携フロー開発を体験できる無償のハンズオンセミナーを定期開催しています。

詳しくはこちら⇒ https://www.magicsoftware.com/ja/handson-seminer/magic-xpi-hands-on/

 

Q.自習できる教材やテキストはありますか?

Magic xpiスキルアップセンターでご紹介しています。

Magic xpiスキルアップセンター⇒https://devnet.magicsoftware.co.jp/skillup/xpiskillup/

 

Q.オンラインで受講できるセミナーはありますか?

オンラインでいつでもどこからでも受講できるMagic On-Demand Seminar(MOS)があります。 無償セミナーと有償セミナーがあり、有償セミナーは集合形式の有償トレーニングと同じ内容です。

 

動作環境について

Q.動作環境やハードウェアスペックが知りたい

開発者向けの技術情報サイト、DEVNET Japanの動作環境をご参照ください。
Magic xpiの動作環境
https://devnet.magicsoftware.co.jp/magicxpi/magicxpi_product/magicxpi-system-requirements/

サポート体制について

Q.技術サポートは有償ですか?

各製品(Partner Kitを含む)ごとにソフトウェアメンテナンス料金が設定されています。ソフトウェアメンテナンス契約では以下のサービスをご提供します。

・アップデートのメディア(ファイル)の提供
・バージョンアップグレードのメディア(ファイル)の提供
・製品に関する質問の回答(期間中回数に制限はありません)

詳細はこちら https://devnet.magicsoftware.co.jp/support/jbolt-support/maintenance/

その他

Q.「○○○がしたい時はこうやる」が書かれた逆引きマニュアルはありますか?

Magic xpi逆引き辞典が製品に添付されています。

Magic xpi スキルアップセンターからダウンロード⇒https://devnet.magicsoftware.co.jp/skillup/xpiskillup/

 

Q.システム開発経験がなくても使いこなせますか?

プログラミングスキルは必須ではありません。データベースや連携対象サービスについての基本的な知識は必要です。最低限、Magic xpiトレーニングコースを受講されることをお勧めします。

 

Q.国内での導入実績は?

累計400社に導入されています。
導入事例はこちら

注目の事例

TIS株式会社
デジタルマーケティングのデータ統合・利活用サービスにMagic xpiを採用!
サービス提供のスピードアップに貢献
事例の詳細
青森共同計算センターのロゴ
株式会社 青森共同計算センター
基幹システムと決済端末をMagic xpa で連携
キャッシュレス決済システムを 113拠点で実現
事例の詳細
株式会社 トクサイ
ローコード開発ツールとNFCを利用した
製造業における工程情報収集システムの実現
事例の詳細