IBM i & DB2/400 コンポーネント

IBM i コマンドやプログラムの呼び出し、データキューやスプールの取り扱いができます。

データマッパーを使用して、DB2/400に対して直接I/Oすることができます。

IBM i資産を有効活用

IBM i コンポーネントで、IBM i コマンド、CL、RPGプログラムの呼び出しが可能

連携を自動実行
(トリガー)

IBM i データキューを監視し、データが書き込まれると連携フローの処理を開始します

データマッパー

DB2/400のレコードを直接読み書き可能

SJIS ⇔ EBCDICのコード自動変換

基幹システムを連携と自動化で活用

IBM iユーザーは、堅牢でセキュアな基幹システムを最大限活用しながら、クラウド・サービス、AI-OCR、Webポータル、スマートフォン、IoT機器など、新たなサービス/デバイスのデータを統合・連携できることを求めています。しかしそのためには、異なるデータ形式や文字コードの変換や、通信手順、認証、プログラミングによるアプリケーション間連携のためにIT管理者には大変な労力がかかります。


IBM iやDB2/400と他のシステムを連携し業務プロセスを自動化するために、Magic xpiを活用することができます。営業や現場担当者が使いやすいアプリケーションやクラウドサービスから、IBM iのデータやアプリケーションの処理結果を受け取り、業務を効率化することができるようになります。

ノーコードで異なるシステム間のデータの受け渡しを自動化できます

事例紹介

TIS株式会社
デジタルマーケティングのデータ統合・利活用サービスにMagic xpiを採用!
サービス提供のスピードアップに貢献
事例の詳細
学研
SAP ERPと新受注管理システムをMagic xpiで連携
受注処理の迅速化と「顧客満足」を達成
事例の詳細
TOA
コンタクトセンターシステムとSAP® ERPを連携
作業効率向上と請求処理の確実性を達成
事例の詳細

お問合せ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”