サードウェーブソリューションズがグループ全システムの統合データベースをMagic xpiで構築

  • 1200テーブルを3カ月で統合したノウハウでサービス展開
  • 2017年12月21日
超高速開発プラットフォームとシステム連携プラットフォームのグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(東京都 代表取締役社長:佐藤敏雄、以下 マジックソフトウェア)は、株式会社サードウェーブソリューションズ(東京都 代表取締役社長:潮田 一志、以下 サードウェーブソリューションズ)が、システム連携プラットフォーム「Magic xpi(マジック エックスピーアイ)」を採用し、サードウェーブ・グループ全システムからの『統合データベース』 を構築したことを発表します。

サードウェーブソリューションズは、6000本のプログラムを精査し1200テーブルから 『統合データベース』 を3ヶ月でまとめ上げたノウハウを活かし、システムの調査からデータの整理、Magic xpi を使用した 『統合データベース』 構築を含めたシステム/データベースのマイグレーションサービスを新たに展開します。

 

徹底的なシステム調査と標準化で短期構築を実現

サードウェーブソリューションズは、サードウェーブのグループ企業として、システムインテグレーション、ネットワークインテグレーション、アウトソーシング、情報機器販売と4つの事業を最適に組み合わせ、一体となった総合的なソリューションをご提供している会社です。

サードウェーブ・グループでは現在、新業務アプリケーションへ切り替えを計画しており、新旧のシステムを並行稼動しながら段階的に移行できるようにするためには、現行データベースとリアルタイムで同期する『統合データベース』 の構築が必要となりました。『統合データベース』 の構築が計画通りに導入できたポイントは2つあります。

  1. 全システム6000本のプログラムを徹底的に調査し必要なデータと不要なデータを整理
  2. Magic xpi で開発するデータ連携フローを標準化し、短期開発と高い保守性を実現。

サービスビジネスへの展開

サードウェーブソリューションズ 取締役 SI事業部 部長 大坂 芳弘 様は、今回のプロジェクトの成果として社内に蓄積されたノウハウを元にした今後の展開について、以下のように述べています。

「次のような問題で困っている企業は沢山あると思います。

・もともとは正規化して作成したデータベースも、長年システムの改修を行ってきた結果、正規化が崩れてしまっている。

・システム間連携にcsvファイルで受け渡しを行っていて、インターフェース自体に柔軟性が無く硬直化している。

・バッチ形式のシステム間連携なので、情報のリアルタイム性がない。

・システム改修や移行の負担を軽減するため『統合データベース』 を構築したい。

このような問題でお困りの企業に対して、システムの調査からデータの整理、Magic xpi を使用した 『統合データベース』 構築を含めたシステム/データベースのマイグレーションサービスを新たに展開して行きたいと思います。」

▼   事例の詳細はマジックソフトウェア・ジャパンのWebサイトをご参照下さい。https://www.magicsoftware.com/ja/stories/twss

 

Magic xpi Integration Platformについて

社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれ異なるデータを、連携・同期・統合するデータ連携(EAI)ソリューションです。Magic xpiには 66 種 500 機能以上のアダプタ・コネクタ群を提供されているため、簡単で直感的なユーザーインターフェースからドラッグアンドドロップでシステム連携フローがデザインできます。

https://www.magicsoftware.com/ja/magic-xpi-integration-platform

最新記事

magic press releases
Magic xpi Integration PlatformがSAP S/4HANA®との
SAP-Certified Integration認定を取得
詳細
データ連携プラットフォームMagic xpi用
連携コンポーネント「AWSアダプタ」を発売
詳細
「GMO電子契約サービスAgree 」と「Magic xpi Integration Platform」が連携
詳細