Outperform The Future

SpeedStart Pack

Magic xpi システム連携テンプレートシリーズ



SpeedStart Pack

「SpeedStart Pack」は、 SAP ERPSalesforce / Dynamics CRMの情報を
ノン・コーディングでリアルタイム連携するEAIツールMagic xpiの連携フロー・テンプレートです。

 

 

「SpeedStart Pack」for Salesforce連携内容

 

 

スクラッチ開発に比べて・・・

・連携フロー開発を効率化

・大幅な納期短縮を実現

 

 

 

Magic xpi Integration Platform

使いやすさと高速開発を実現するシステム連携ソリューション

 

Magic xpi Integration Platform (Magic xpi) は、企業内外のデータとビジネス・プロセスの連携、
及びデータ・フローの統合を可能とする、システム連携プラットフォームです。

 

 

 

ERPとCRM間のデータ連携をスピードスタート/期間とコストを大幅削減

SpeedStart Pack 特徴と優位性

 

  • SAP ERPのリソース圧迫がない
    機能を実現するためにSAP ERPのAPIとしてiDOCを用いていません。SAP ERPのハードリソース圧迫やリソース圧迫対策のアーカイブ構築の必要がありません。

  • 「Salesforceトリガー機能」でリアルタイム連携
    Salesforceの変更を監視するスクリプトを記述することなく、アダプターを設定するだけで更新された差分データのみを抽出してリアルタイムに連携します。

  • システム発展性が広がります
    SAP ERPやSalesforce以外へのシステム連携基盤も構築され、他システムと連携した更なるアイドルタイム改善・管理改善が可能となります。

  • 連携する両システムの専門家が不要
    Magic xpiの連携構築作業は、マジックパートナー企業もしくは弊社技術者で行います。

 

 

[ スクラッチ開発との工数比較(日数)]

機 

Speed Start Pack

SpeedStart Pack 未導入

スクラッチ開発

管理調査

“得意先” をSAP から Salesforce へ

1

16

9

“取引先”を Salesforce から SAP へ

0.75

6

6

“取引先責任者” を Salesforce から SAPへ

0.75

5

10

“品目マスタ” を SAP から Salesforce へ

0.5

8

2

“受注・請求・その他関連情報”をSAP から Salesforceへ

0.5

8

2

“新規受注” を Chatterへ

0.5

3

7

“新規取引先” を Twitterへ

0.5

1

1

“新規取引先” をChatter と Googleカレンダーへ

0.5

1.5

0.5

合計

5

48.5

37.5

・スクラッチ開発:SAP, Salesforce, Magic xpi の設計・開発とテスト・デバッグの時間を含む
・管理・調査:SAPとSalesforce等のコンポーネントのプロジェクト管理・分析・調査の時間を含む

[ スクラッチ開発との費用比較 ]

要員種別

人月工数

見込み費用

 PM

2.0人月

¥3,600,000-

 SDコンサル

3.5人月

¥5,600,000-

 FIコンサル

2.0人月

¥3,200,000-

 ABAP

5.0人月

¥6,500,000-

 BASIS

1.5人月

¥2,400,000-

 Salesforce

3.5人月

¥4,200,000-

費用見込計

¥25,500,000-


 

製品 ・サービス

概算費用

 Magic xpi 5スレッドタイプ

¥2,500,000-

 SAP ERP Connector

¥2,000,000-

 Salesforce Adapter

¥750,000-

 上記ライセンス保守料

¥1,050,000-

 SpeedStart Pack

¥1,200,000-

 サーバ費用

¥500,000-

 構築人件費

¥500,000-

費用見込計

¥8,500,000-