独自性を貫き
多様な案件のソリューション力で勝負

信用と実績の積み重ねがパッケージへ

Magicを使うことになったのは、V4.26が出始めた頃、知り合いのソフトハウスから急遽Magicでの開発を依頼され、始めは何もかも分らなかったが、2週間でMagicをマスターしたと云う吉田社長。

吉田社長の過去の実績と信用のせいか、他のソフトハウスやメーカーが難題に直面している案件の相談を持ち込まれるケースも多く、コンサルティングからの支援にも対応してきた。

そんな仕事を数多くこなしているうちに、自然と多種多様な業種及び業務のノウハウがたまり、多くのパッケージソフトが制作できる実力を身につけていた。

開発したパッケージには、金融機関向けの動不動産管理システムや専門店向けのパソコンPOSレジ管理システム、仲卸業向けの販売管理システムなどがある。

 

「e-アタッチ」で事業拡大へ

パッケージやシステムを導入しても、データを入力するために人員を抱えると、コスト削減どころか、逆にコストを押し上げる現実を見てきた。そんな中、平成16年1月に、入力の効率化とコスト削減を実現するパッケージソフト「e-アタッチ」を開発。

「e-アタッチ」は、営業先、店頭、工事現場等のデータ発生場所で、場所を選ばずモバイル端末(PDA)からデータを入力し、本部に送信するだけでデータの入力が完了する。これにより、企業ではデータ入力のコストを大幅に削減できるパッケージだ。

 

独自性を貫く

さらに、ビジネスモデル特許も申請。申請の理由は、システムルートの独自性を出し、価格力で勝負するスタイルではなく、ソリューション力で勝負するスタイルを貫くためだ。

常に競合他社を作らない環境こそが、お客様に本当に良いものを提供できると確信している。

株式会社システムルート(http://www.route.co.jp/

本社:愛知県名古屋市昭和区阿由知通二丁目15-5

事業内容:コンピューターシステム設計及びプログラム開発 コンピューター販売

 

注目の事例

味の素フーズ・ノースアメリカ社
味の素フーズ・ノースアメリカ社のJD Edwards Orchestratorの能力をMagic xpiが最大化
事例の詳細
Lower Austrian Provincial
ニーダーエスターライヒ州はCOVID-19拡散と戦うため
Magic xpaでリアルタイムデータを取得
事例の詳細
パッケージソフト
パッケージソフト.com
ローコード開発ツールが、パッケージソフトビジネスの
発展と継続に貢献
事例の詳細

お問合せ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”