コカ・コーラ ソロカバ
Magic xpi連携で生産コントロールを強化

"わたしたちは、産業オートメーションの世界にMagic xpiを導入したPPI-Multitaskと共に選定しました。Magicの技術は、SAPの認定を受けており、ビルド済みの専用コネクタがビジネスアプリケーション間の連携機能を備えているため、様々な連携ニーズに最も適していました。"

Gerson Agostinho
CIO

コカ・コーラ ソロカバがシステム連携に投資した理由

コカ・コーラ ソロカバは、生産プロセスを自動化するためのPC-Factory MES(Manufacturing Execution System)の実装を、PPI-Multitaskに依頼しました。

SAP ERP(旧SAP R / 3)とPC-Factory MES間のリアルタイムのデータ転送を自動化するために、Magic xpi Integration Platformが選ばれました。連携されたことにより、サンパウロ地域の60都市に、年間生産量2億リットルのコカ・コーラ社の製品とハイネケン・ブラジルのビールの供給が可能になりました。

この連携により、生産プロセス全体の自動化と、迅速なレポート作成が可能になり、より優れた生産コントロールと意思決定の改善が促進されました。

コカ・コーラ ソロカバは、Magic xpi Integratin Platformを介してデータ連携することにより、産業生産を合理化できました。

Magicが選ばれた理由

Magic xpiは、両方の管理アプリケーション間の通信品質を保証するフレンドリーでメンテナンスの少ないインターフェイスを提供する、認定されたSAP ERPコネクタを提供しています。

通常はABAP(Advanced Business Application Programming)や、EDI(Electronic Data Interchange)モデルに伴って繰り返される保守作業を不要にし、高性能と製品進化を担保します。

注目の事例

JAてんどう
「青果物精算管理システム」を
Magic uniPaaSで一元構築
事例の詳細
中部日本医薬
モバイル・ビジネスアプリケーション
「おしえてスマホ」を2週間で導入
事例の詳細
マイクロリンク
Magicを強くする
パッケージソフトのプロデューサー
事例の詳細