IBMiの基幹システムをMagic xpaに移行
~パートナーが請負開発と内製化を支援~

 

お客様  業種 ソリューション 
株式会社英國屋

東京都
https://eikokuya.co.jp/customsuit/

オーダースーツ製造販売 マジックxpa

 

銀座英國屋様は、「信頼を得られる装い」という軸を持ち、創業から80年を超えてフルオーダースーツを提供しています。お客様が生地とデザインやオプションを選んで、その仕立て価格を確認後に注文を検討できる、「無料オーダー体験」が好評です。

 

背景: IBMiの保守終了で新システムへの移行が急務

銀座英國屋様は、 RPG言語で開発したIBMiの基幹システムを長年運用していました。IBMiの保守を更新した場合、プログラムの移行に14年間の工数が見積られており、しかもRPGの技術者が少ないことから、他の言語へ移行することとなりました。
新システムでは自社内で開発・メンテナンスができるツールを導入することで、システム開発・保守費を軽減したいと考えていました。

 

IBMiの基幹システムをそのまま載せ換え 後で改修

「後で変更」が大前提の移行プロジェクト
銀座英國屋様は、1から全てを作り直すのではなく、既存システムのまま他の言語(ツール)に載せ替え、落ち着いた段階で、目的を見直して改修・機能追加をしていく開発方式を選択。そのため、後でデータテーブルが変わるということが大前提でした。

適用業務範囲
Magic xpaで移行したのは、会計システム以外の(販売、顧客、製造、商品管理など)基幹システム全体です。
銀座英國屋様独自の「ギフトカード管理システム」は、ギフトカードを受け取ったお客様が、生地を変更するケースには返品処理が必要。一般的なパッケージソフトでは対応できないシステムをスクラッチ開発しました。

開発パートナーが請負と内製開発を支援
Magic xpaパートナーの㈱A1・アスピレーション様が、システム移行の請負開発をするとともに、ハンズオントレーニングでユーザ様による内製開発体制づくりを支援しました。

「システム開発を社外のベンダー任せではなく自社が主導していけることもローコード開発ツールの魅力です」
(代表取締役 小林 英毅 様)

 

導入効果

 

RPG言語での移行には14年かかるところを3,4年に短縮
イチから学んで、社長業をしながら3か月でマスタ管理やログイン画面を開発
旧システムをそのまま移行して後から修正・改善・機能追加が容易

 

選定ポイント

 

本格的な基幹システムがローコードで開発できる
  後から機能追加や改善ができる、データテーブルを自動で変更してくれる
パートナーによる請負開発と、ハンズオンでの内製化支援を受けられた

 

今後のMagic xpaの活用

「紙」の管理からデータ化へ
注文伝票を電子化してお客様の好みを分析し、業務改善に活用
採寸データからAIを活用してお客様に合う洋服を提案

 

検討している方々へ一言

「今、レガシーシステムで運用しつつも、どのように変えていこうか…、と悩まれる方におすすめします。
後から改善ができるシステム、データテーブルを後から変更・追加しても自動で対応していただけるMagicがいいと思います。」

銀座英國屋 代表取締役社長 小林  英毅 様

注目の事例

LOGO
エクスプライス
GRANDITの連携基盤
~EC・会計・WMSリアルタイム連携~
事例の詳細
広瀬化学薬品
文系情シス担当がノーコードで内製開発
IBM iとNotes間の連携と自動化
事例の詳細
トリドール
トリドールホールディングス
DXを支えるデータ連携プラットフォーム
会計処理と人事異動の時間を短縮
事例の詳細

お問合せ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”