ニーダーエスターライヒ州はCOVID-19拡散と戦うため
Magic xpaでリアルタイムデータを取得

新型コロナウイルスと戦うために、ニーダーエスターライヒ州政府は、その地域でCOVID-19関連データを交換するための信頼性が高く、柔軟なデジタルソリューションを迅速に開発するという課題に直面しました。 Magic xpaテクノロジーがわずか7日で導入されたことで、関係当局は収集されたデータに迅速かつ効率的に対応できるようになりました。

ニーダーエスターライヒ州政府は、オーストリア連邦州でありオーストリア北東部の最高行政機関です。日常の管理業務に加えて、ニーダーエスターライヒ州政府は、連邦政府および地区行政当局と協力して、COVID-19ウイルスと戦う責任を負っています。

ウイルスの拡散と影響を効率的に抑え込むために、意思決定者は、医師、病院、研究所、連邦および州当局から必要なすべてのデータをリアルタイムに収集する必要があります。危機へのタイムリーで協調的な対応を可能にするには、複数のデータソースからの必要なすべてのコロナウイルス関連データを、すべての公衆衛生当局が迅速に利用できるようにする必要があります。

オーストリアでのCOVID-19の蔓延を制限するために、政府の複数のレベルでITシステムを接続

州レベルでは、ニーダーエスターライヒ州政府は、その地域で関連するCOVID-19データを交換するための、信頼性が高く柔軟なデジタルソリューションを迅速に開発するという課題に直面していました。このシステムは、連邦政府やその他のデジタルシステム(ローカルEMS(Epidemiological Reporting System:疫学的報告システム)ITシステムなど)とシームレスに統合および接続する必要がありました。

わずか7日間の開発後に稼働

関係当局間でCOVID-19に関する情報をリアルタイムでシームレスに交換するために、ニーダーエスターライヒ州政府は、わずか7日でクライアント/サーバー・ソリューションである「MEPIアプリケーション」(Meldung Epidemiologisches Informations 疫学報告情報システム)を開発しました。

公衆衛生担当官とニーダーエスターライヒ州の行政当局がこのソリューションにアクセスできるようになり、必要なすべてのリアルタイムデータを利用できるようになったため、 関連する権限があたえられた意思決定者は、COVID-19ウイルスと戦うための調整と機敏な対応が可能になりました。

様々なデータソースを統合し、シームレスなデータフローを実現するためのデジタル化されたプロセスの構築

技術的な実装のための中心的な要件は、さまざまな公共部門の組織の個別のITシステムからの多数の異なるデータソースを統合することでした。これには、ニーダーエスターライヒ州保健局の中央ソフトウェアシステム、研究所のPDFファイル、さまざまな病院や当局のExcelおよびXMLファイル、および州の電子ファイル処理(ELAK)への接続と通知の作成が含まれていました。

データフローは最適化され、均一な構造と統計を作成しなければなりませんでした。

Magic xpaにより調整されたCOVID-19への対応

新しい「MEPIアプリケーション」は、Magic xpaとSQLデータベースを使用して、内部のITスペシャリストによりプログラムが開発されました。

わずか7営業日の開発期間の後、ニーダーエスターライヒ州政府は、地区行政当局とニーダーエスターライヒ州政府の職員部門向けの新しい「MEPIアプリケーション」を稼働しました。

その5日後には、すでに20の地区チームすべてとスタッフ部門がアプリケーションを使用していました。多数の機能拡張を備えた2番目のバージョンは2020年5月5日に公開され、それ以降、アプリケーションは継続的に拡張されています。

COVID-19の健康危機への機敏な対応が可能に

このデジタル化対策により、責任者は、データに基づいた意思決定を迅速に行うために、有用なコロナ・クラスター分析を作成することが可能になりました。その「MEPIアプリケーション」により、当局は次のことが可能になりました。

  • 必要なCOVID-19データを公衆衛生当局および関係当局に提供
  • 検査結果のデータ交換を自動化
  • アプリケーションをニーダーエスターライヒ州の電子ファイル管理(ELAK)に接続
  • 統一された統計の作成:データフローをマージし、データフローを最適化し、効率的な構造を作成
  • 統計を統一し、コロナクラスターの評価を視覚化

「現在のコロナの状況では、たとえば”COVID-19に関連する法的要件に適応する”といったような、非常に柔軟な範囲で迅速に実装できるデジタルソリューションが必要でした。Magic xpaテクノロジーにより、すべての要件を最適に実装することができ、俊敏性と実行力を維持できています。」ラインホルト・バウマン氏: オーストリア、ザンクトペルテン情報技術部門、ニーダーエスターライヒ州政府事務所

ニーダーエスターライヒ州のMEPIプロジェクトは、わずか7日で成功裏に実施されました。ユーザーフレンドリーなインターフェイスは、シームレスで迅速な導入を可能にしました。現在、20の地区チームにまたがる1,100人の公共機関の職員と、4人の判事がCOVID-19への対応を調整するためにアプリケーションを使用しています。

必要なすべてのCOVID-19データがデジタルでキャプチャ、マージ、配布、処理、分析されるようになりました。シームレスなデータフローにより、ばらつきや品質低下することがありません。 Magic xpaテクノロジーにより、ITスタッフは実運用中でも、ユーザーの要求に迅速に対応でき、政府は収集されたデータをもとに迅速かつ効率的に対処できます。

Magic xpaにより、ニーダーエスターライヒ州政府はCOVID-19への危機対応を強化することができました。 Magic xpaが、デジタルトランスフォーメーションを通じて組織がビジネス上の課題を解決できる方法を知りたいですか?

 

注目の事例

TIS株式会社
デジタルマーケティングのデータ統合・利活用サービスにMagic xpiを採用!
サービス提供のスピードアップに貢献
事例の詳細
青森共同計算センターのロゴ
株式会社 青森共同計算センター
基幹システムと決済端末をMagic xpa で連携
キャッシュレス決済システムを 113拠点で実現
事例の詳細
株式会社 トクサイ
ローコード開発ツールとNFCを利用した
製造業における工程情報収集システムの実現
事例の詳細