MagicでPOSシステムの日本一を目指す

POSシステムに特化

Magicを使い始めたのは、1994年12月Ver4.3の頃。当時、システム開発時のテストの生産効率が悪く、その解決を図ることを目的にMagicを導入しました。

当時の開発のメインは販売管理システム。約100社にMagicで販売管理システムを導入。その後、販売管理システム導入の実績を活かしPOSシステムの開発を始めました。1999年にカラオケ店向けPOSシステムを開発したのを皮切りに現在では、ネットカフェ店、温浴施設、エステ店等12業種の POSシステム「スーパースターシリーズ」を全国1,200施設に導入しています。

高齢者でも30分でマスターできます

Magicで開発したパッケージは、全国のレジャー&サービス業種で活躍するPOSシステムの「スーパースターシリーズ」。「スーパースターシリーズ」の最大の特徴は、誰でも簡単にシステムを扱えるようになるということ。

「シルバー人材センターから派遣されている高齢者の方でも30分でマスターされました。レジャー業やサービス業はアルバイトが多く、そのため人の入れ替わりが多い。オペレーションが簡単に覚えられるということは、POSシステムにとって必要不可欠なことです。」と統括マネージャーの安達桂子様は言います。

POSシステムの日本一を目指して

スーパースターシリーズのPOSシステムの導入実績は全国1,200施設。

「今 ではノウハウが蓄積され、ほとんどがカスタマイズなしで導入することができます。そのせいもあって、導入の依頼が多く、弊社の導入スケジュー ルに合わせて、店舗のオープンを延ばしていただいている現状もあります。今後はSEの拠点を日本全国に持ち、POSシステムの日本一を目指して行きま す。」と語る樽井社長。

 

株式会社スターランド(http://www.starland.co.jp/

本社:静岡県藤枝市青木3丁目14番1号

事業内容:

  • POSシステムの企画・開発・販売
  • パッケージソフトの企画・開発・販売
  • ソフトウェアの受託開発
  • POS周辺機器の設計・製造・販売

注目の事例

EV用急速充電器保守点検システムを
「顧客大臣」をベースにMagic xpaでアドオン開発
事例の詳細
明治産業
タブレット端末導入で約5.0人分の業務コストを削減
事例の詳細
JAてんどう
「青果物精算管理システム」を
Magic uniPaaSで一元構築
事例の詳細