オムニチャネルリテイリングの最適化

データの見える化

マーケティングプラットフォーム、CRM、ERP、POSなどのデータを連携して管理することで、顧客データをリアルタイムで360°表示できます。

サプライチェーンの
自動化

倉庫管理、輸送管理、ERPシステムを連携して、サプライチェーンを円滑にします

カスタマー
エクスペリエンス向上

個人情報、財務情報、社会的活動などを含むすべての顧客データを連携し、よりパーソナライズされた購買体験を提供します。

成長のためのリテールオートメーションソリューション

最新の技術動向を活用する企業だけが、ますます激化する小売競争に勝ち残ります。

顧客管理のデジタル化は、モバイル、クラウド、ビッグデータ技術ですでに始まっています。これらの新しいイノベーションを活用して、製品、注文、および顧客動向をシームレスにし、顧客サービスを向上させることが重要です。

Magic xpiはこれらに最適なソリューションであり、あらゆる個人データを様々なシステムに連携し、リードと顧客の360°ビューを提供する集中プラットフォームです。

データ連携プラットフォームは、あらゆるリテールのオムニチャネル戦略において中心的な役割を果たします。

Retail Omnichannel Integration Solution
データ連携とプロセスの自動化は、オムニチャネルのリテール戦略において中心的な役割を果たすことができます

さらに、小売業界では、企業や組織全体の円滑な運営に不可欠な小売サプライチェーン全体の大量データプロセスを自動的に処理するための拡張性の高いソリューションが必要です。これは、サプライチェーンマネジメント(SCM)、ERP、CRMおよびその他のシステムを連携させることによって容易に実現できます。

小売業でのMagic xpi事例: ClevelandGolf /Srixon

カリフォルニア州ハンティントンビーチにあるCleveland®Golf /Srixon®は、システムをクラウドに移行し、顧客サービスの改善と、Oracle JD Edwards EnterpriseOne ERPシステムとSPS Commerceプラットフォーム、Demandware(Salesforce Commerce Cloud)とManhattan Scaleの3つを連携しました。

Magic xpiがOracleのJD Edwards EnterpriseOne用に提供しているコネクタは、このプロジェクトの決定要因であり、簡単な開発と迅速な展開が可能です。

Magic xpiを導入することで、ClevelandGolf /Srixonは、より迅速で機敏なミドルウェアソリューション、自動化された電子商取引、ロジスティクスシステムで複数のポイントツーポイント連携を実現し、開発コストと時間を削減できただけでなく、カスタマ・エクスペリエンス(CX)を向上させることができました。

事例紹介

学研
SAP ERPと新受注管理システムをMagic xpiで連携
受注処理の迅速化と「顧客満足」を達成
事例の詳細
セガフレード・ザネッティ
セガフレード・ザネッティ ストア配送のモバイルアプリをMagicとDanemが構築
事例の詳細
ミルボン
SalesforceとSharePoint Online
複数クラウドのシステム連携で
業務省力化と利便性向上
事例の詳細

お問合せ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”