CRM連携によるITの融合

多数のプログラマーによる連携開発をするかわりに、最適な連携ミドルウェアを導入することでシステム間のデータ交換を自動化できます

ワークフローの
自動化

バックエンドシステムをフロントソリューションにつなぐことで、既存のレガシーシステムを活かした、ビジネスプロセスの自動化を容易に実現できます

コスト削減

複数ポイントでのデータ入力作業をなくし、情報検索や、競合データの整理に費やす時間を減らすことで、大幅にコストを削減することができます。

360度の顧客情報

360度、多面的に顧客情報を見れるようにすることで、より良い顧客サービスを保証し、顧客満足度を向上させます。

データ管理をコントロール

重要なデータは管理されている必要があります。CRM連携は、データを管理しコントロールするための優れた方法です。

CRMシステムをエンタープライズポータルとして使用する場合、すべてのフロントエンドシステムとバックエンドシステムを連携してビジネスプロセスを自動化することが、高い生産性を確保する上で不可欠です。しかし、このような複雑なタスクは、リスクのない、簡単な実装と堅牢なプロセス実行を可能にするツールを使用して実行する必要があります。Magic xpi連携プラットフォームを活用するのはそのためです。

 

CRMとERPの連携

リアルタイムのCRM-ERP連携により、販売、生産、サービス、発注、納品、分析、レポートなど、モジュール化されたシステムをすべて単一のソースとして提供できます。この連携により、必要なときに正確な関連データを入手できるため、顧客サービス向上につながります。 Magic xpiにビルトインされた認定コネクタは、SalesforceとSAP ERP、あるいはMicrosoft Dynamics CRMとOracle JD Edwards ERPなどと、シームレスに連携します。

 

マーケティングオートメーションとCRM連携

MarketoとDynamics CRMなど、マーケティングとCRMシステムを連携することで、マーケティングとセールスチームが協調して、効率的に顧客管理と活動ができます。

お客様の声:

「Magic xpiを使用することで、SugarCRMの新しいCRMアプリケーションをJD Edwardsと迅速かつ容易に連携することができました。私たちは今、私たちのITを未来に向けて実現する中心的な連携ソリューションを持っています。」

Klaus Hoeling  – Sennheiser ITディレクターグループ

ユーザー事例

EV用急速充電器保守点検システムを
「顧客大臣」をベースにMagic xpaでアドオン開発
事例の詳細
明治産業
タブレット端末導入で約5.0人分の業務コストを削減
事例の詳細
JAてんどう
「青果物精算管理システム」を
Magic uniPaaSで一元構築
事例の詳細

お問合せ

Magic製品やサービスについて ご要望、ご質問をメッセージにご記入ください

“担当者からご連絡します”